親から子へのプレゼント?

girls with glasses

整形には大掛かりなものから簡易的なものまであり、誰もがとっつき易いのがプチ整形だろう。代表的なプチ整形は一重瞼を二重にするものだ。このプチ整形というものはメスを使わないので、体への負担も少なく、短時間の施術で出来る。短いものでは10分ほどだ。注射や糸を使って施術を行う。他の大掛かりな整形よりも安価で出来るのも特徴である。1箇所につき4万円前後が相場だ。なので多くの人がこのプチ整形を利用する。しかし、プチ整形のデメリットとして、時間が経てば元に戻ってしまうというものがある。まあこれはメリットとも言えるかもしれない。時間が経てば元に戻るので、万が一整形後の姿が気に入らなかった場合でも取り返しがきく。そして親からもらった体にメスを入れることに罪悪感を覚える人も居るが、プチ整形ではそういった罪悪感も生まれにくい。現代ではそういった感情は無くなりつつあるが、負い目を感じる人も少なくない。韓国では両親が子供に整形手術を贈ることもあるので、日本人はちょっと気にし過ぎかもしれない。
プチ整形の施術方法は糸を使ったものや、ヒアルロン酸などの注入、ボトックス注射がある。ボトックス注射はあまり聞き慣れない言葉だと思う。このボトックス注射は神経を麻痺させて、筋肉の動きを抑えることでシワを伸ばすというものだ。
多くの人は自分の容姿に何かしらコンプレックスを抱えて生きている。コンプレックスを気にするあまり、素直に日々を楽しめない人だって居るだろう。プチ整形をすれば十数分でそのコンプレックスを解消でき、余計な悩みを抱えずに毎日を笑顔で過ごすことが出来るのだ。なので、まずはプチ整形から始めてみてはどうだろうか。